NEWS

月例講演会 3月11日(日)『知り方入門 一切智者とは何者か?』
月例講演会 3月11日(日)『知り方入門 一切智者とは何者か?』
私たちには感覚があり、生まれてから死ぬまで、何でも手当たり次第に知ってやろうという態度で生きています。そして心は、一瞬として休まりません。私たちは、なぜ呼吸するのか疑問に思わないように、なぜ知るのかについて疑問に思わないのです。しかし、それが不幸の種を蒔いているならば、解決すべき問題です。そもそも「知る」とは、どのような行為なのでしょうか? 私たちは、なぜ知ろうとするのでしょうか? 知ることで何が生じるのでしょうか? 何を、どのように、どこまで知るべきでしょうか? 自らを「一切智者」と宣言したお釈迦さまに、知ることの完了に至る道筋を学びましょう。

日時:2018月03月11日(日)13:30~16:30(終了予定)
場所:一橋講堂(東京千代田区一ツ橋2-1-2)
定員:490名(先着順,要予約)
参加費:ご喜捨(お気持ち) 詳細と参加申込はこちら!
電書新刊『それならブッダにきいてみよう:人間関係編』
近日中の主な予定
【】協会公式行事 []会員自主活動
最新刊『観察――「生きる」という謎を解く鍵』
電書新刊『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え』