「ブッダの智慧で答えます」(Q&A)
Sabbe satta bhavantu sukhitatta
HOME「ブッダの智慧で答えます」(Q&A) →(2) 職業についての質問(2001.3月)
釈迦尊の教え・あなたとの対話 ホームページに寄せられたご質問から
(2) 職業についての質問(2001.3月)
  スマナサーラ長老様。こんにちは。
 以前に不邪淫の戒について質問でお世話になりました、会員の○○です。あの時の回答は、大変参考になり有難うございました。
 今回は職業・仕事に関する質問です。少々長いですが宜しくお願い致します。

Q:長老のご著書「恐れることは何もない」の中で、八正道に関するご説明をされている部分があります。その二番目の「正思惟」の中で、非暴力に関して、法律もひとつの暴力であって、軍隊や警察が法律を嵩(かさ)にかけた一種の暴力団体であるという内容でした。

A:これは軍隊を設定する思考のことです。表向きでは「国を守る、犯罪から国民を守る」機能としては相手を脅すことでなりたっています。反逆者に晩餐会を開いて仲良くしてもらう主義の軍隊があるかどうかはわかりません。
軍事力が強い場合政府がたとえ独裁的で悪政治であろうとも一般国民が立ち上がれないのです。
思考は「暴力で抑える」ではないでしょうか?
正思惟の説明で皆に笑ってもらうために言った時の言葉だと思いますが、何でも固定観念で見るのは嫌がる性格ですので、申し訳ございません。
 
Q:長老様のいわんとしている事を一言にすれば、「他に害を与える仕事はするな」という事でしょう。違法な行為やうしろめたい事をやって儲けるのは確かに良くない事だと分かります。そこまでは良いのですが、合法的ではあっても、仏教的に見て、正しくない職業というものもあるということでしょうか?
 
A:いっぱいあると思います。共産主義の国家が合法的に独立運動を抑えることはいかがでしょうか?殺生は良くない。保健所?は買主のない犬猫を処分することは?大量な酒の製造は?合法的なcassinoは?武器の開発?
 
Q:上に書きました軍隊の人々や、警察官という職業は、法律上は認められております。しかし、もし暴力団体という事であれば、正しくない職業という事になってしまいますね。
 
A:警察官、軍隊などが合法的な暴力団体でまた違法暴力団体もあります。警察の場合は暴力を振るわないで法を守ることもできますので正しくやろうとすれば出来る仕事です。仏教的には「正しくない職業に入るかないかは私にも疑問です。仏典にはこの問題に触れてないのです。軍隊について語ることは直接政治に触れることになります。民主主義で平和な国であるならば問題ないでしょう。
 警察、軍人は上の命令に疑問を抱くことなく従うべき身分です。故に人間としての自由がないのです。その仕事を合法的に止めて自由にならない限り出家は禁止です。
 
Q:確かに長老のおっしゃるように、軍隊や警察が法律を嵩にかけた暴力団体の一種であることは否定できないと思います。それは、警察なら、罪を犯した人達を捕まえて、刑務所に入れる訳ですから、その人達にとっては暴力的行為でしょう。そういう意味では、法律の裁きを行う裁判官なども同じ部類になりますね。
 
A:罪を犯した人は刑務所に入れるのは皆のための行為ですから例え本人にしてみれば暴力であっても悪い行為ではありません。正しい行為です。
 簡単に犯人を捕まれますか?真犯人が浮いてくるまでの過程はいかがでしょうか?この点で日本はいいのですが、外国は最悪の状態ではないでしょうか。警察の暴力は世界的によくある普通のことです。警察は素晴らしい仕事です。が犯人を捕まるために関係がある人にもない人にも暴力を振るう習慣がある国で警察官なったら自分でも罪を犯すはめになります。自分だけは違うと言って逃げることは不可能です。
裁判官はまた違います。違法にならないように証拠を評価することが仕事だから良い行為です。判決は自分が決めるものではなく法律が定めてものだから個人には関係のないことです。定められた法律自体が不公平だと見えたならばそれを言い出すことも裁判官に出来るので罪にならないように仕事ができるのです。
 
Q:一方、弁護士さんは、被告側の罪を軽くするために働くのが主な職務でしょうから、良い仕事ということになりますね。(笑い)
 
A:これは日本だけのことでしょう。真理は普遍的に考えるものです。外国では一般的に犯人を無罪にすることで弁護士は精一杯です。
Sri Lankaで1956年総理大臣なった人が天才的な弁護士でした。負けたことは一度もなかったそうです。ある日彼は明らかに犯罪者だと知っていた人の弁護をして無罪にしてもらったが「自分まで罪を犯したくない」とそれ限り弁護士を辞めました。アメリカは更にひどいではないでしょうか。その国で説かれるのは犯罪かないかではなく弁護士にお金払えるかないかでしょう。お金さえあれば勝てる状態になっている法律の世界もそれほど清らかな職業にならないかもしれません。
 
Q:しかし、悪い事をする人達をそのまま放置しておけば、これも社会にとって大問題となります。警察官にしても、社会の不正・悪を取り締まる事で、安全な市民生活を守ろうという使命で仕事をしている人達が多いでしょうし、実際に彼らの存在が社会に大なり小なりの安心感を与えたり、治安維持に貢献しているという良い面もあると思います。
 その点、長老はどうお考えですか? 

 
A:警察については、上に話しました。
 
Q:それから、法律に関して言えば、刑法と民法というものがあり、刑法は、犯人に罰金や懲役などの刑事罰を与えるものであり、警察・検察がその為に働くわけですが、民法の方は、トラブルの当事者間の争いに裁判官が審判を下すという形であり、訴えられる側は、訴える側に損害を賠償したりするのですが、刑務所に入れられる等の罰は受けません。例えば、何らかのダメージを受けた人がいて、ダメージを与えた人に、慰謝料を請求する訴えを起こすというような形です。従って警察も関与しません。
 このような行為は、ダメージを受けた側が、自分の意思で、相手に対し、損害を賠償して欲しいという思いで行うものであり、正当な権利のような気がするのですが、これも正しくない事なのでしょうか?

 
A:正しい行為に決まっているのではないでしょうか。不公平は良くないでしょう。不公平な出来事を公平にすることです。ダメージを与えたら損害賠償することが出家比丘たちの間でも行なうものです。お釈迦様がそれを戒律で定めています。
 
Q:これ程細かい部分までお聞きするのは、私自身、仕事として、民事的なトラブルを扱う調査をやっているからです。不正な手段はしないよう心掛けておりますが、調査して得られた証拠が、裁判の資料として使われるケースは出てくるでしょう。それは、トラブルの当事者の一方に有利に働きますが、他方には不利に働きます。つまり、仕事の結果が、調査する対象者にとっては不利に働くわけですね。(例えば慰謝料を支払わなくてはならなくなる等。)しかし、依頼者のメリットがあるから仕事があるわけだし、調査自体は真相究明に役立つものであり、依頼者に正当な理由があるのだから、調査自体も暴力的行為ではないし、依頼者の行動も、暴力的行為ではないと思えるのです。
 ですが、これも長老のおっしゃる非暴力の考え方からすれば、良くないということになるのでしょうか? もしそうであれば、弁護士さんも、民事裁判等では、一方の有利になる為に働いて報酬をもらう以上、その相手にとって不利になるのだから、良くない事になってしまいます。
 少々話がややこしくなってきましたが、「仕事が罪になるようならやめてしまえ」という長老のお言葉を真剣に受け止めておりますので、アドバイスを宜しくお願いします。

A: 既に答えがでていると思います。人が間違いを犯します。いくら間違わないようにとがんばっても失敗は起こるものです。その時は「不公平」と言うことも起こります。それは本人が気が付いて処理するならば良いのですが殆どの場合は隠したくなります。それもまた相手に対して不公平です。
○○様のお仕事はこの関係だと思います。不公平を公平にすることが善行為です。がんばって下さい。
 罪になる仕事だと言うのは人を殺すこと、強盗などをすることです。武器、毒などの製造も罪になります。人間の売買も大罪です。これらは一日も早く辞めることです。また、自分では「あまりきれいな仕事ではない」と悩みながら仕事をすることはつらいです。「立派な仕事をして家族を養っているのだ」と自慢できる仕事はたとえ収入が少なくても幸福なことだと思います。
 
Q:他にも、合法的ではあっても正しくない職業として、魚や畜生などの動物を殺してしまう漁師さんなどは当然として、殺生自体はしない食肉加工販売店(魚屋さんや肉屋さん等)、お酒を売ったり出したりする仕事(これは現在、食料品店や飲食店なら一般的です)も、飲酒を奨励しているという点で、良くない事になりそうですが・・・。でも、五戒を守るというだけなら、別に自分が殺生したり、飲酒したりするわけではないから、悪くないという気もします。
 
A:昔と時代が変わっていますから何もいえないところも確かにあります。商売するなら沢山売るために励むのは当たり前のことです。そうすると沢山肉、酒をを売らなくてはならないことにもなります。結果として沢山動物が殺されるし、沢山の人の頭が酒で悪くなります。自分で罪だと思って飲まないものは他人に売りさばくことも倫理的かと言う疑問もでます。
完全な善が無理だから最大限の善で、最小限の悪で生きるしかない のではないでしょうか。
仏陀の時代の仏教徒の生き方さえもこのようなものでした。
完全に戒を守り、全くも罪を犯さず生きることが無理だとしても善悪に対する正しい理解が必要です。これは正見です。真理と実践の差が本人にも理解できますから偽善にもならないし、傲慢にもなりません。「正見の人が悪趣に堕落しません」と仏陀が説かれています。
ありがとうございます。
三宝のご加護がありますように。
スマナサーラ

←目次へ戻る
HOME「ブッダの智慧で答えます」(Q&A) →(2) 職業についての質問(2001.3月)
© 2000-2005 Japan Theravada Buddhist Association.