『経典・偈文』目次へ

仏法僧(三宝)の徳の偈文

6分30秒のお経。(2.94MB)初回のダウンロードは時間が掛かるかも知れません
※自動再生されない場合、ファイル(Sanbou_Toku_Sange.wav)を [ダウンロード]してください。

礼拝文 
(初めてお経を読む前には、まずお釈迦様に対してご挨拶の文を唱えるものなのです。)

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブッダッサ (三回)
私は阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に敬礼したてまつる。


仏陀の九徳

イティ.ピ.ソー バガワー アラハン. サンマー サンブッドー
ヴィッジャーチャラナ サンパンノー スガトー ローカヴィドゥー
アヌッタロー プリサ ダンマ サーラティー サッター デーワ
マヌッサーナン. ブッドー バガワー ティ.
ブッダン.ジーヴィタ パリヤンタン. サラナン. ガッチャーミー


世尊は

  1. 阿羅漢(一切の煩悩を滅尽し、神々、人間の尊敬、供養を受けるに値する方です。)
  2. 正自覚者(完全たる悟りを最初に覚って、その悟りへの道を他に教えられる方です。)
  3. 明行具足者(八種の智恵と15種の行「性格に関する徳」を備わっている方です。)
  4. 善逝(正しく涅槃に到達した/善く修行を完成した/正しく善い言葉を語る方です。)
  5. 世間解(1宇宙、2衆生、3諸行という三つの世界を知り尽くした方です。)
  6. 無上の調御丈夫(人々を指導することにおいては無上の能力を持つ方です。)
  7. 天人師(人間、それより超次元的存在である神々等の一切衆生の唯一の師です。)
  8. 覚者(真理に目覚めた方、仏陀です。)
  9. 世尊(全ての福徳を備えた方です。)
    (以上の徳が具わっている仏陀に私が生涯帰依致します。)

法の六徳

スワーッカートー バガワター ダンモー
サンディッティコー アカーリコー エーヒパッシコー
オーバナイコー パッチャッタン.ヴェーディタッボー
ヴィンニューヒーティ。
ダンマン・ジーヴィタ パリヤンタン.サラナン.ガッチャーミ。

世尊に説かれた法は

  1. 善く、正しく、教えられました。(意:正法は教理、実践方法、論理、言語の上だけではなく修行の結果に於いても完全であります。
  2. 実証できる、何時でも、誰にでも体験することができるものです。
  3. 普遍性があり、永遠たる教えです。(真理そのものですので、時と場合によって訂正するべきものではありません。又、即座に結果が得られる教えでもあります。)
  4. 「来れ見よ」と言える教えです。(「どなたでも確かめて、試して見て下さい」と言える確かな教えです。)
  5. 涅槃へ実践者を確実に導く。
  6. 賢者によって各自で悟られるべき真理(解脱)。
    (以上の徳が具わっている)法に私は生涯帰依いたします。)


僧伽の九徳


ス パティパンノー バガワトー サーワカサンゴー
ウジュ パティパンノー バガワトー サーワカサンゴー
ニャーヤ パティパンノー バガワトー サーワカサンゴー
サーミーチ パティパンノー バガワトー サーワカサンゴー
ヤディダン.チャッターリ. プリサ ユガーニ アッタ プリサ
プッガラー エーサ バガワトー サーワカサンゴー
アーフネッヨー パーフネッヨー ダッキネッヨー アンジャリ
カラニーヨー アヌッタラン.プンニャッケッタン.
ローカッサー ティ.
サンガン.ジーヴィタ パリヤンタン.サラナン.ガッチャーミ.

世尊の弟子たる僧(僧団)は、

  1. 正しい道を実践するものであり、
  2. 真直ぐの道(涅槃への直道)を歩むものであり、
  3. 涅槃を目指して修行するものであり、
  4. 尊敬に値する道を実践するものであります。これらは四双八輩という八類に属する(聖者の位を得た)世尊の弟子達を指す。
  5. これらの仏弟子僧団は遠くから持ってくるものも受けるに値する。
  6. 来客として接待を受けるに値する、
  7. 徳を積むために供えるものも受けるに値する。
  8. 礼拝を受けるに値する。
  9. 世の無上の福田である。
    (以上の徳が具わっている)僧伽に私は生涯帰依いたします。

三宝にたいする懺悔

カーイェーナ ワーチャー チッテーナ パマーデーナ マヤーカタン
アッチャヤン・ カマ メー バンテー ブーリ パンニャ タターガタ
カーイェーナ ワーチャー チッテーナ パマーデーナ マヤーカタン
アッチャヤン・ カマ メー ダンマ. サンディッティカ アカーリカ
カーイェーナ ワーチャー チッテーナ パマー デーナ マヤーカタン.
アッチャヤン・ カマ メー サンガ スパティパンナ アヌッタラ

大聖者である如来に対して私が身口意によって犯した過ちを許して頂けますように。
実証できる永遠の真理である法に対して私が身口意によって犯した過ちを許して頂けますように。
無上なる正道を実践する僧団に対して私が身口意によって犯した過ちを許して頂けますように。

↑文頭へ戻る

仏陀の九徳・法の六徳僧伽の九徳三宝にたいする懺悔テキスト全文