協会からのお知らせ

2020年2月13日

2020年3月22日(日)初期仏教月例講演会『ブッダのハラスメント対策 加害者にも被害者にもならない生き方』

画像をクリックするとこくちーず申し込みページに移動します。

初期仏教公開講座   
『ブッダのハラスメント対策 加害者にも被害者にもならない生き方』
講師:アルボムッレ・スマナサーラ長老
 
 パワハラ、モラハラ、セクハラ、マタハラ、カスハラなどなど、現代日本には数々のハラスメント(嫌がらせ行為)が蔓延しています。半ば流行語になっていることから、「なんでもハラスメントと言えばいいと思ってる」と茶化す向きもありますが、被害者からすれば笑いごとではありません。
 競争や足の引っ張り合いが常のビジネスや学問の世界はもちろん、善意の人々が集まるボランティア組織でも、その善意を振りかざしたハラスメントは絶えません。愛情で結ばれた親子や夫婦の間も例外ではないし、個々人のレベルでも、良かれと思った言動がハラスメントと非難されるリスクは拡大しています。かくもハラスメントが渦巻くこの社会で、加害者にも被害者にもならず生きる秘訣はあるのでしょうか?
 2600年前に迷信や差別が渦巻くインドで人類に初めて真理を説かれたお釈迦様や仏弟子たちは、他の宗教家や偏見にとらわれた一般人から、数知れないハラスメントに晒されていました。それらに決して屈することなく、人類の精神革命を成し遂げたブッダのアプローチに学んでみましょう。

日時:2020月3月22日(日)13:30~16:30(終了予定)
    (受付開始13:10~)
場所 一橋講堂
   〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内
定員 490名(先着順)
参加費 無料
☆★☆会場のお間違えの無いよう、ご確認お願いいたします。☆★☆

*以下のリンク先より事前にお申し込みの上ご参加下さい。
https://kokucheese.com/event/index/589664/
(申込締切3月19日12:00pm)
*受付返信がない方は、予約が取れておりません。再度お申し込み手続きをお取り下さい。
*会場の一橋講堂へのお問い合わせはご遠慮ください。

~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事をシェア