協会の活動

お釈迦様直接の教えである
テーラワーダ仏教を学び
広めます。

生き物のイラスト 日本テーラワーダ仏教協会(宗教法人 東京都渋谷区)は、お釈迦様の直接の教えであるテーラワーダ仏教(上座仏教、パーリ語で「長老の教え」の意)を学び、伝えるために設立されました。スリランカやミャンマーなどから派遣された長老方のご指導のもと、一人ひとりのこころの成長につとめ、多くの方々にお釈迦様の教えを知っていただくことを目的に、東京・幡ヶ谷のゴータミー精舎を中心に日本各地で活動しています。
お釈迦様の根本の教えは、単なる信仰の対象でも博物館に飾っておく遺物でもなく、現代の私たちの「生きる」という問題を解決するための方法です。当サイト上では、ヴィパッサナーや慈悲の瞑想といった実践法の紹介、経典ファイル、各種法話のテキスト、活動スケジュールなど情報を公開しております。

活動概要

主な定例行事

法話とヴィパッサナー実践会
ヴィパッサナー実践の基本が学べる講座です。全員参加の質疑応答コーナーのあと、初心者への実践指導(経験者は自由実践)が行われます。
初期仏教月例講演会
毎回ひとつのテーマを設けて行われる講演会。日常生活で役立つ智慧から出世間の智慧まで、スマナサーラ長老によってお釈迦様の教えの真髄が説かれます。講演会の記録はDVDなどでも頒布しています。
パーリ経典解説
相応部・増支部・中部など数あるパーリ経典の中から、パーリ語の原意から詳しく解説します。翻訳では決して伝わらないブッダの真意に触れることができます。
ヴィパッサナー実践合宿
合宿形式で数日間集中してヴィパッサナー実践を行います。読経・瞑想実践・法話のほか、初心者指導や個別面談がある場合があります。詳細は各合宿の情報をご覧ください。
自主瞑想会・勉強会
経験者による自主瞑想会や勉強会、法話の試聴会などを随時行っております。

*上記以外にもさまざまな行事が行われています。最新の情報は「瞑想会・その他行事」のページや、機関誌パティパダーのインフォメーション欄をご覧ください。

機関誌パティパダーと出版事業

月刊機関誌『パティパダー』
協会の機関誌『パティパダー』は、日本初の本格的テーラワーダ仏教専門誌として平成7年に創刊されました。以来20年以上に渡り蓄積された貴重なテキストの一部は書籍化され、一部はこのWebサイトでもご覧いただくことができます。

主な内容

智慧の扉
巻頭見開きコラム。短い文章の中に多くの気づきが得られる連載です。
巻頭法話
毎号書き下ろしのスマナサーラ長老による法話テキスト。過去に掲載された巻頭法話は、こちらのページでも順次公開しています。
根本仏教講義
ひとつのテーマを深く掘り下げる、スマナサーラ長老による連載講義。過去の記事はこちらのページで公開されているほか、一部は冊子としてまとめられ、施本や電子書籍で配布されています。
疑問・質問
皆様から寄せられたお悩みや仏教に関する疑問・質問などに、スマナサーラ長老がお釈迦様の見方でお答えになったものです。その一部はこちらのページでも公開しています。
翻訳
海外のテーラワーダ仏教長老方の法話を翻訳して連載しています。
その他
会員の交流を計る「ひろば」や「初期仏教俳句」、各精舎だよりや最新のインフォメーションなど、会員の活動を支える情報も充実させています。
書籍刊行、動画・音声の配信
協会では、お釈迦様の教えをより多くの方々に知っていただくための出版活動を行っています。「心を育てる本屋さん」では、協会発行の書籍以外にも、テーラワーダ仏教関連の書籍をまとめてご覧いただけます。「法話動画・音声」のページでは、講演会を記録した動画ファイルや音声データ等を通信販売でご購入いただけます。
また、年に数回、皆さまのお布施で小冊子(施本)を刊行し、無料でお配りしています。

電子書籍への取り組み

施本として制作され印刷物の配布が終了した冊子や、版元で絶版になった書籍などを電子化して、Amazon Kindleで公開しています。Kindle Unlimited サービスをご利用いただくと、協会発行のほとんどの電子書籍を読み放題でご利用いただけます。

社会貢献活動

慈しみ募金
慈しみ募金は当初、東日本大震災の被災者支援を目的として設けられました。その後も各地で大きな自然災害が絶えないことから、幅広く災害支援に拠出する形へと用途を拡大し、活用させていただいております。

慈しみ募金専用振替口座

  • この慈しみ募金専用口座番号にお振り込みいただいた浄財は、災害支援の目的で拠出されます。
  • 通常の郵便振替口座とは番号が異なりますのでご注意ください。
  • お礼状は割愛させていただきます。
  • ご不明の点は協会事務局までお問合せください。
郵便振替口座
00170-2-727809
慈しみ募金専用振替口座

協会へのご意見窓口

日本テーラワーダ仏教協会はボランティアベースで運営されている組織です。
協会役員に直接意見を伝えたいという方のために、ご意見メールを設置しました。今後の活動について前向きなご意見があれば、以下のメールアドレス宛てにお送りください。いただいたご意見は役員会議で検討し、協会の運営に役立てていきます。
なお、通常の業務や行事に関する問い合わせは、協会事務局か、行事予定表に記載されている各地の問い合わせ先までご連絡ください。

ご意見メールアドレス
  • メールソフトに上のアドレスを入力して送信してください。
  • このアドレスは受信専用になります。
  • お送りいただいた内容によっては、担当者から個別に連絡いたします。