協会からのお知らせ

2020年2月27日

新型コロナウィルス感染症流行への対応について(2020年2月27日公開,4月06日最終更新)

  • 日本テーラワーダ仏教協会では、新型コロナウィルス感染症の流行を受けて、5月31日までの協会公式行事はすべて中止とすることを決定しました。5月30日~6月4日 伊豆稲取スポーツヴィラ「伊豆稲取ヴィパッサナー実践合宿」(5泊6日)も含まれます。5月6日(水・祝)なかのZERO小ホール「釈尊祝祭日ウェーサーカ祭」については、ウェーサーカ月の満月にあたる5月7日(木)の11時よりブッダプージャ、そして午後3時よりスマナサーラ長老のウェーサーカ記念法話の両方をインターネット配信いたします。
  • 上記の方針に伴い、各地のダンマサークル活動につきましても、2020年5月31日までの行事開催の中止を要請します。また、会員の皆様は慈しみの心で感染予防へのご努力をお願いします。

  • 3月26日(木)朝日カルチャー新宿教室公開講座「初期仏教入門 ウダーナを読む」(スマナサーラ長老ご指導)が休講になりました。代替日程については後日お知らせします。
  • 4月8日(木)ゴータミー精舎「パーリ経典解説」(スマナサーラ長老ご指導)が中止になりました。

  • 4月11日(土)日暮里サニーホール「初期仏教 月例講演会」(スマナサーラ長老ご指導)が中止になりました。※当日は協会YouTubeチャンネルでのインターネット講演を予定しています。
  • 4月5日(日)刈谷産業振興センター「名古屋初期仏教デー」(スマナサーラ長老ご指導)、ゴータミー精舎「セヤドーの冥想会」(ウィセッタ長老ご指導)が中止になりました。
  • 3月29日(日)マーヤーデーヴィー精舎「関西月例冥想会」(スマナサーラ長老ご指導)が中止になりました。※当日はインターネットでの法話配信を予定しています。(2020/03/21)

  • 3月22日(日)一橋講堂「初期仏教 月例講演会」(スマナサーラ長老ご指導)が中止になりました。※当日は協会YouTubeチャンネルでのインターネット講演を予定しています。(2020/03/16)

新型コロナウィルス感染症で闘病中の方々にお見舞い申し上げます。

日本テーラワーダ仏教協会では、新型コロナウィルス感染症の流行を受けて、多数の参加が見込まれる公式行事は3月15日(日)まで中止することを決定しました。具体的には、3月1日(日)刈谷産業振興センター「仏教法話会」(ヤサ長老ご指導)3月8日(日)ゴータミー精舎「法話と実践会」(スマナサーラ長老ご指導)、3月1日(日)・3月15日(日)ゴータミー精舎「セヤドーの冥想会」(ウィセッタ長老ご指導)を中止します。開催を心待ちになさっていた皆様、申し訳ありません。他の行事についても、中止や予定変更を含めた検討を進めています。決まり次第、ご報告します。

3月16日(月)以降については、感染拡大の動向を踏まえて改めて検討する所存です。ただし、 新型コロナウィルス感染症 の流行が終息するまでは、引き続き公式行事の中止・延期・変更などの可能性があることをご承知ください。

なお、各地域のダンマサークル等の自主活動については、参加者が比較的少数であることから、今回の中止処置には含まれません。ただし各サークルの判断で開催取りやめになる場合もあるので、ホームページ等でご確認ください。(現時点では、東京「パーリ語研修会 パーリ語輪読会」と札幌ダンマサークルは3月の行事をすべて中止します。他にも行事の開催見合わせが続いています。カレンダーでご確認ください。)行事に参加される場合には、感染拡大防止のため、マスク着用と消毒にご協力ください。また、感染者と接触した可能性のある方・風邪及びその類似症状のある方は参加をお控えください。

このたびの感染症流行に伴い、闘病中の患者とご家族の方々、医療や防疫に奔走されている方々、経済的苦境や精神的不安に苦しんでいる方々に、一日も早く、身体の健康と心の安らぎがもたらされますようにと祈念いたします。(2020/02/27)

宗教法人 日本テーラワーダ仏教協会

この記事をシェア