ジャータカ物語

親しみやすい物語として
ブッダの教えが説かれています

生き物のイラストジャータカとは、釈尊が前世に菩薩として修行していたとき、生きとし生けるものを教え導いたエピソードを集めた物語です。歴史的には『イソップ物語』や『アラビアン・ナイト』にも影響を与え、日本にも「本生話」「本生譚」としてその一部が伝えられました。
仏教の教えを親しみやすく説いたジャータカは、テーラワーダ仏教諸国で広く語り継がれています。ここではスマナサーラ長老によるジャータカの説法をご紹介します。
*協会機関誌『パティパダー』(2004年4月までは『ヴィパッサナー通信』)に連載

ジャータカ物語インデックス


この物語は、釈尊が祇園精舎におられたとき、お説きになったものです。 ある在家信者が七日に渡って釈尊と比丘たちに食事の布施をして、最後の日に、出家生活の必需品全てを揃えてお […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、お説きになったものです。 ある村の由緒正しい家の嫁を、サーヴァッティの都の同じく良家から迎える話がまとまり、お祝いの日取りも決 […]

この物語は、釈尊が竹林精舎におられたとき、お説きになったものです。 ある日、講堂に集まった比丘達のあいだで話題が持ち上がりました。 「デーヴァダッタは釈尊を殺そうと企んで […]

この物語は、釈尊がコーサラ国のある村で、お説きになったものです。 お釈迦さまがコーサラ国の人々の間を托鉢してまわられていたとき、ある村の大きな家の主人に招待されて、その家 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたときお説きになったものです。 そのころ、サンガの和を乱す比丘 たちが、善良な比丘たちを嘲笑い、蔑み、いろいろな悪口を言っては困らせて […]

この物語は、釈尊がサーヴァッティにおられたとき、ある一人の比丘について、お説きになったものです。 サーヴァッティに住んでいた良家の一人息子が、お釈迦さまの説法を聞いて、仏 […]

この物語は、釈尊が祇園精舎におられたとき、クマーラ・カッサパ長老の母についてお説きになったものです。 彼女はラージャガハの大富豪の娘でしたが、過去生で多くの善行を積んだ結 […]

(承前)その昔、バーラーナシーにおいてブラフマダッタ王が国を統治していた時に、菩薩は鹿の胎に宿って生まれました。彼の身体は大きくて黄金色に輝き、大変美しい姿をしていました […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、サーヴァッティ在住のある資産家についてお説きになったものです。 その資産家は、兄弟が亡くなった悲しみのために、すっかりうちひし […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、僧団の双璧たる二人の仏弟子について、お説きになったものです。 あるとき二人の偉大な長老は、雨期の間集中して修行に励むために、お […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、サーヴァッティーに住む、ある在家信者について説かれたものです。 彼は預流果の悟りを得た尊い弟子でありましたが、ある仕事のことで […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ある警告を発する比丘尼についてお説きになったものです。 彼女はサーヴァッティに住む良家の娘でしたが、出家して受戒していました。 […]

この物語は、釈尊がサーケータ城近郊のアンジャナ林におられたとき、一人のバラモンについてお説きになったものです。 お釈迦さまが僧団の比丘たちを伴って、サーケータへ入られたと […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、死者への供え物についてお説きになったものです。 その頃人々は、多くのヤギや羊を殺し、亡くなった親族への供え物として捧げていまし […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、欲情についてお説きになっものです。 サーヴァッティに住むある良家の息子が、お釈迦さまの説法を聞き、三宝に帰依して出家しました。 […]

そんなある日のこと、ムドゥラッカナー王妃は、菩薩である仙人のための食事を用意させておいてから「今日は尊者の帰りが遅いわね」と思いながら、よい香りの付いた水で沐浴をし、美し […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、大いなる世俗離脱(俗世間の欲を離れ、修行によって到達する離欲・解脱の境地)について語られたものです。 そのとき比丘たちは、十種 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、精進することをやめてしまった一人の比丘について語られたものです。 そのとき、お釈迦さまはその比丘に語りかけられ「比丘よ、過去に […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ダンマセーナーパティ(法将)サーリプッタ長老について語られたものです。 ある日、サーリプッタ長老が食事をとられるとき、人々は( […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、アナータピンディカ(給孤独)長者の、ある友人について語られたものです。彼はアナータピンディカ長者と幼馴染みで、同じ師のもとで学 […]