ジャータカ物語

親しみやすい物語として
ブッダの教えが説かれています

生き物のイラストジャータカとは、釈尊が前世に菩薩として修行していたとき、生きとし生けるものを教え導いたエピソードを集めた物語です。歴史的には『イソップ物語』や『アラビアン・ナイト』にも影響を与え、日本にも「本生話」「本生譚」としてその一部が伝えられました。
仏教の教えを親しみやすく説いたジャータカは、テーラワーダ仏教諸国で広く語り継がれています。ここではスマナサーラ長老によるジャータカの説法をご紹介します。
*協会機関誌『パティパダー』(2004年4月までは『ヴィパッサナー通信』)に連載

ジャータカ物語インデックス


この物語は、釈尊がカピラヴァストゥの近郊にあるニグローダ樹林に滞在しておられたときに、親族の仲たがいについて語られたものです。 そのとき、お釈迦さまは親族の人々に向かい、 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、務めに励むあるバラモンについて語られたものです。 彼はサーヴァッティーに住む良家の息子でしたが、教えに深く帰依して出家し、修行 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ラールダーイ長老について語られたものです。 彼は法話を語るとき、その場に相応しい法を選ぶことが出来ませんでした。おめでたいとき […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、一人の耳の遠い姑について語られたものです。 サーヴァッティーのある資産家は、信心深く、心清らかで、三宝に帰依し、五戒を守って暮 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ある修行に身が入らなくなった比丘について語られたものです。 ある良家の息子が、純粋な帰依の気持ちから仏道に入りましたが、ある日 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、豊満な娘の誘感について語られたものです。 サーヴァッティのある家に十六歳の美しい娘がいました。その娘の母親が、娘の婿として相応 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたときに、法将サーリプッタ長老の弟子で、かつて金細工職人をしていた一人の比丘について語られたものです。(※1)他人の、意向と随眠煩悩を […]

<前回のあらすじ> 幾多の前世において金細工職人であった人が、サーリプッタ長老に弟子入りしました。サーリプッタ長老は、長いこと美しいものばかり見て生きてきたこの人に、もの […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ウパサールハカという名の、墓場を忌み嫌うバラモンについて語られたものです。 彼は大金持ちで資産家でしたが、外道の教えを信奉して […]

この物語は、釈尊が竹林精舎に滞在しておられたとき、デーヴァダッタについて語られたものです。 講堂において、比丘たちが話を始めました。「友よ、デーヴァダッタは師に背き、如来 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、「キンスカの喩え」という経典(*)について語られたものです。 四人の比丘が如来のもとにおもむき、自分に適した「集中瞑想の対象」 […]

この物語は、釈尊が、ジェータ林におられたとき、アンバラコッタの集会所で食物を与えられていた犬について語られたものです。 水汲み人夫たち(集会所の手入れや整備をする人々のこ […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、白鳥を打ち落とした比丘について語られたものです。 彼はサーヴァッティーに住む良家の息子で、小石を投げるのが上手でしたが、ある日 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、マッラ人ロージャについて語られたものです。 彼はアーナンダ長老の在家の友人でありましたが、ある日、自分のところに来てもらうため […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、あまりにたくさん食べ過ぎて、消化不良を起こし、そのために死んだ比丘について語られたものです。 彼がこのようにして死んだとき、講 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、お釈迦さまの真似をした者について語られたものです。 長老たちがデーヴァダッタの仲間を奪還して帰ってきたとき、お釈迦さまはお尋ね […]

この物語は、釈尊がUkkaṭṭha(ウッカッタ)の近くのSubhaga(スバガ)林に滞在しておられたとき、「Mūlapariyāya sutta(ムーラ・パリヤーヤ・スッ […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、不躾な猿について語られたものです。 サーヴァッティーのある家で、一匹の猿が飼育されていましたが、その猿は象の小舎へ行って徳高い […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ある比丘について語られたものです。 比丘が浴室の焚き口で薪を割っていると、腐った木の間から一匹の蛇が出てきて足の指を噛みました […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、Lakuṇṭakabhaddika(ラクンタカバッディカ)長老について語られたものです。 この長老は美声の持主で、説法がうまく […]