ジャータカ物語

親しみやすい物語として
ブッダの教えが説かれています

生き物のイラストジャータカとは、釈尊が前世に菩薩として修行していたとき、生きとし生けるものを教え導いたエピソードを集めた物語です。歴史的には『イソップ物語』や『アラビアン・ナイト』にも影響を与え、日本にも「本生話」「本生譚」としてその一部が伝えられました。
仏教の教えを親しみやすく説いたジャータカは、テーラワーダ仏教諸国で広く語り継がれています。ここではスマナサーラ長老によるジャータカの説法をご紹介します。
*協会機関誌『パティパダー』(2004年4月までは『ヴィパッサナー通信』)に連載

ジャータカ物語インデックス


これは、シャカムニブッダが祇園精舎におられた時に語られたお話です。 昔々、バーラーナシーでブラフマダッタ王が国を治めていた頃、菩薩は大富豪のバラモンの家で生まれ、アキッテ […]

これは、シャカムニブッダが祇園精舎におられた時に語られたお話です。 昔々、バーラーナシーでブラフマダッタ王が国を治めていた頃、菩薩は梵天界から降りてカーシー国の大富豪のバ […]

これは、シャカムニブッダが祇園精舎で語られたお話です。 昔々、バーラーナシーでブラフマダッタ王が国を治めていた頃、菩薩はその王でした。 ある時、カーシー国のある村で、二人 […]

これは、シャカムニブッダが祇園精舎でコーサラ王に語られたお話です。 昔々、菩薩はバーラーナシーの王であり、慈悲深く国を治めていました。その頃、一人の独覚仏陀が雪山に住んで […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の舎衛城(しゃえいじょう)近郊にある祇園精舎におられた時のお話です。 その頃、舎衛城に、億万長者の帰化人の豪商が住んでいました。彼はす […]

これは、シャカムニブッダが祇園精舎で語られたお話です。 昔々、菩薩はガンダーラという国の王でした。少し離れたところにヴィディーハ国と呼ばれる国がありました。ヴィディーハの […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の首都、舎衛城(しゃえいじょう)の近郊にある祇園精舎におられた時のお話です。 ある夜更け、コーサラ王は、世にも怖ろしい音を聞きました。 […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。 コーサラ王に仕える大臣に、三帰依し、五戒を守り、三つのヴェーダ聖典の極意にも通じたバラモンがいまし […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時に語られたお話です。お釈迦さまは、「恩人に対し、その徳と恩により、あるいは恩を知る者として、恩を返すことは正しい […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時、智慧について語られたお話です。 昔々、バーラーナシーでブラフマダッタ王が国を治めていた頃、菩薩はある村の貧しい […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時に、一人の怒りっぽい性格の比丘に語られたお話です。 昔々、バーラーナシーでカラーブ王が国を治めていた頃、菩薩は八 […]

これは、シャカムニブッダがコーサンビー近郊のパダリ園におられた時に語られたお話です。 パダリ園に行かれる前のこと、お釈迦さまはアーラギ国の近くのアッガーラヴァ廟(びょう) […]

これは、シャカムニブッダが祇園精舎におられた時のお話です。 祇園精舎をサンガにお布施したことで知られるアナータピンディカ長者の息子は、大富豪として高名なダナンジャヤ長者の […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。 その頃、コーサラ国王の宮殿に、クンタニ鳥という鳥が大切に飼われていました。クンタニ鳥が大切にされて […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。 ある時サーワッティの都で催しごとがあり、街はとても賑わっていました。ふと一人の男が「今日は私の吉祥 […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の舎衛城(しゃえいじょう)近郊の祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)におられた時のお話です。 ある時、舎衛城に住む五百人の大金持ちの息子たちが […]

これは、シャカムニブッダがマガダ国の竹林精舎におられた時のお話です。 マガダ国の都ラージャガハ(王舎城)に、大金持ちのバラモンが住んでいました。彼はとても贅沢に暮らしてい […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)におられた時のお話です。 ある比丘が、在家の時に妻であった女性を恋しく思い出し、出家生活が嫌になってきま […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)におられた時のお話です。 祇園精舎に、性格が頑固で目上の人の言葉を素直に聞き入れない比丘がいました。釈尊 […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)におられた時に、貪欲について語られたお話です。 祇園精舎に、食べ物に対する執着が強く、「食」への欲からな […]