ジャータカ物語

親しみやすい物語として
ブッダの教えが説かれています

生き物のイラストジャータカとは、釈尊が前世に菩薩として修行していたとき、生きとし生けるものを教え導いたエピソードを集めた物語です。歴史的には『イソップ物語』や『アラビアン・ナイト』にも影響を与え、日本にも「本生話」「本生譚」としてその一部が伝えられました。
仏教の教えを親しみやすく説いたジャータカは、テーラワーダ仏教諸国で広く語り継がれています。ここではスマナサーラ長老によるジャータカの説法をご紹介します。
*協会機関誌『パティパダー』(2004年4月までは『ヴィパッサナー通信』)に連載

ジャータカ物語インデックス


これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。 マガダ国にサッカラという町があり、マッチャリコーシャという億万長者の豪商が住んでいました。マッチャ […]

これは、シャカムニブッダが、ジェータバナという町で語られたお話です。 ある時比丘たちが、お釈迦さまが日々衆生の解脱のために休むことなく憐れみをもって心配なさっているにもか […]

(前号から続きます) その昔カーシ王国のバーラーナシーにおいてブラフマダッタ王が国を統治していたとき、菩薩は長者の家に生まれ、成長して長者の地位を得て、チュッラカ(小)長 […]

お釈迦さまは、「ジーヴァカよ、精舎には比丘たちがまだいるのではないか」と、手で鉢を覆われました。マハーパンタカ長老は、「尊師よ、精舎には比丘たちはおりません」と申しあげま […]

長老マハーパンタカは、幼いチュッラパンタカに沙弥出家を授けて、十戒を堅く守らせました。沙弥のチュッラパンタカは、出家はしたけれども、愚鈍でありました。そのため、 美しく慕 […]

この物語は、釈尊がラージャガハ近郊のジーヴァカのマンゴー林に滞在しておられたときに、チュッラパンタカ長老について語られたものです。 この場合、まずチュッラパンタカの出生に […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ある頑固な比丘について語られたものです。 お釈迦さまは彼に、「比丘よ、そなたは聞き分けがないということだが、本当か」とたずねら […]

この物語は、釈尊がマガダ国を遊行しておられたときに、ある村で愚かな村人たちについて語られたものです。伝えるところによると、そのとき如来は、サーヴァッティーからマガダ国へ赴 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ある比丘について語られたものです。 その比丘は、ジェータ林を離れて、コーサラ国の、とある森の近くに住んでおり、ある日のこと、蓮 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ある比丘について語られたものです。 彼はお釈迦さまのもとで修行の指導を受けてから、コーサラ国の国境の村に近い森林に住んでいまし […]

(前号から続きます) それから彼らは、計画通りに見世物の用意を済ませました。彼ら三人の賢者は王のもとへ行き、「大王さま。王宮の庭で見世物を用意してございます。それをご覧に […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、前妻への愛着が断ち切れない比丘について語られたものです。 お釈迦さまはその比丘に、「あなたは悩むことがあって修行に身が入らなく […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、サーヴァッティー在住の商人たちについて語られたものです。 商人たちはサーヴァッティーで商品を仕入れ、車に満載し、商売をするため […]

死の恐怖に苛まれた比丘についてお釈迦さまが語られた物語です。あるお婆さんが森で子ブタ二匹を拾って、我が子のように愛情いっぱい注ぎ、育てました。ブタといえば食用の家畜動物で […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、死を恐れたある比丘について語られたものです。 彼は、サーヴァッティーに住む名家の子で、ブッダの教えに従って出家しましたが、非常 […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、長老ラールダーイ(『とんちんかん』という意味で付けられたあだ名と思われます)について語られたものです。 彼は、ほんの二・三人の […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、Lakuṇṭakabhaddika(ラクンタカバッディカ)長老について語られたものです。 この長老は美声の持主で、説法がうまく […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、ある比丘について語られたものです。 比丘が浴室の焚き口で薪を割っていると、腐った木の間から一匹の蛇が出てきて足の指を噛みました […]

この物語は、釈尊がジェータ林におられたとき、不躾な猿について語られたものです。 サーヴァッティーのある家で、一匹の猿が飼育されていましたが、その猿は象の小舎へ行って徳高い […]

この物語は、釈尊がUkkaṭṭha(ウッカッタ)の近くのSubhaga(スバガ)林に滞在しておられたとき、「Mūlapariyāya sutta(ムーラ・パリヤーヤ・スッ […]