ジャータカ物語

親しみやすい物語として
ブッダの教えが説かれています

生き物のイラストジャータカとは、釈尊が前世に菩薩として修行していたとき、生きとし生けるものを教え導いたエピソードを集めた物語です。歴史的には『イソップ物語』や『アラビアン・ナイト』にも影響を与え、日本にも「本生話」「本生譚」としてその一部が伝えられました。
仏教の教えを親しみやすく説いたジャータカは、テーラワーダ仏教諸国で広く語り継がれています。ここではスマナサーラ長老によるジャータカの説法をご紹介します。
*協会機関誌『パティパダー』(2004年4月までは『ヴィパッサナー通信』)に連載

ジャータカ物語インデックス


これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。そのころ祇園精舎の近くでは、多くの苦行者たちが、針のような棘のむしろの上に寝ころんだり、四〇度を超え […]

これはシャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。ある地主が最愛の息子を亡くし、片時も悲しみが忘れられずに嘆き暮らしていました。お釈迦さまは、この地主に […]

これはシャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。 ある夜、祇園精舎で法話会がありました。お釈迦さまは月明かりの下、宝玉で飾られた演台に立って朗々と法を […]

これはシャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。 昔々、バーラーナシーでブラフマダッタ王が国を治めていた頃、菩薩は隊商主の家に生まれました。立派に成長 […]

これはシャカムニブッダがコーサラ国、舎衛城郊外にある祇園精舎におられた時のお話です。 舎衛城で雨安居を過ごされてから遊行に発たれていたお釈迦さまとブッダの弟子たちが、再び […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。アチラヴァティーという川に、三宝の功徳を知らず、世俗の徳も知らない乱暴者の渡し守がいました。 ある時 […]

これは、シャカムニブッダがマガダ国の王舎城近郊にある竹林精舎におられた時のお話です。 仲の良い二人の若者がいて、一人は竹林精舎のお釈迦さまのもとで出家し、もう一人は僧団の […]

これはシャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のお話です。 ある比丘が、「友よ、私ほど高貴の出の者はいないのだ。私は偉大な王族の立派な家柄で、実家は大金持ちなの […]

シャカムニブッダがコーサラ国の舎衛城近郊の祇園精舎におられた時のことです。舎衛城のある資産家が、妻に死なれて出家しました。彼は、出家する前に、台所つきの小屋と食材を満たし […]

これは、シャカムニブッダがコーサラ国の祇園精舎におられた時のことです。ある雨安居(雨期の間の修行)の時、お釈迦さまの二大弟子であるサーリプッタ尊者とモッガラーナ尊者のお二 […]