あなたとの対話(Q&A)

悟りの素質

2018年10月8日

前世までの業の積み重ね方によって、悟るために必要な修行の量は違うように思えます。
その分の努力をすれば誰でも今の人生で悟ることが可能なのでしょうか。それとも、人によっては時間的に限界があるものなのでしょうか。

> 前世までの業の積み重ね方によって、悟るために必要な修行の量は違うように思えます。

**釈尊の言葉によると輪廻は過去を辿ると無限ということになります。それから、推測するといかなる生命の過去の業の量もほぼ同じではないかと言える。
しかし、一切の過去の業は今の生まれに機能するのではありません。今の人生は生まれと死までの寿命の管理する1個の業とそれにおまけに付く小さな業(複数)で構成されています。人の差異はここで現れる。
論理的に言えば、解脱するための修行の量も皆同じです。

> その分の努力をすれば誰でも今の人生で悟ることが可能なのでしょうか。それとも、人によっては時間的に限界があるものなのでしょうか。

**生まれを司った業の知の力が強いなら修行のスピードも速い。
不貪の力が強い場合は修行を成功するために時間がかかります。
不瞋の力は中間ですね。この世での生を司った過去の善業はいやいやで、他人に進められたから、義理で、断れなかったからなどの衝動で行ったものなら、修行もその分、踏ん張らないと進まない。過去の業は自分の納得、理解があって、前向きに、喜んで行ったものでしたならば修行は楽々に進みます。
それに、仏陀の教えに納得していること、過去でヴィパッサナー瞑想か他の仏教的な瞑想の経験があること、過去で無常に無我に気づいたことがあること、欲・執着を制御したことがあることなどは今生の修行のスピードを加速します。

こんな説法は何の役にも立ちませんよう。正直なところ、過去の業なんかは知ったことではないでしょう。(自分の性格を分析すると解らない訳でもないが)過去の業のことを置いておいて努力するしかありません。ヴィパッサナー瞑想は一方通行の道なので、進んだ分は自分の収穫、止まることがあっても逆戻りはありません。

私の主観から言えば、日本の皆様に過去の業は決して邪魔しているのではありません。強力な善業によって生まれているのです。やれば出来る筈です。
では、問題は? 今生で蓄積した知識と性格です。今、溜まっているストレスや不満、悩みなどです。今の業は最新のものだから、影響力は最大です。この影響力も修行によって消えるのです。弱音を張らないで頑張りましょうよう。

この記事をシェア