あなたとの対話(Q&A)

姿勢

2018年10月8日

瞑想のとき背筋がのびているのが大切であると書かれてありましたが、背筋が反るぐらいの限界ぎりぎりまでのばして固定するのでよいのでしょうか?

身体の骨組みが正しく伸びていることです。
地の引力に合わせて骸骨を立てることです。その時、筋肉にかかる負担は最小限です。姿勢を維持するために注意・気づきも必要でしょう。注意が弱くなると骨組みはバラバラに落ちる。(自分は骸骨だと想定して観るとこの意味はわかるでしょう。)従って、姿勢を正して維持すると集中力は強化します。

やり方:腰骨が骸骨の中心点だと思って腰骨から回転させて胴体を上げることです。体重は腰骨にかかるようにと。胸と肩の筋肉を引っ張って背筋を伸ばす方法は(皆やっている方法)正しくない。腰骨の上に1個つつ背骨の骨を重ねていって、最後に頭蓋骨を置く。肩に力は入らないし、要らない。
「限界ギリギリ」はだめです。感覚的にやってください。客観的に観ると正しくなくても、最初は感覚的に伸びているのだという気持ちでもよい。徐々に姿勢は直っていきます。

この記事をシェア