智慧の扉

凝縮された仏教のエッセンス

「智慧の扉」は、機関誌パティパダーの巻頭に毎号掲載されている、スマナサーラ長老による読み切りのコラムです。見開き2ページの短い文章の中に、お釈迦さまの教えがギュッと詰め込まれています。短い時間で読めますので、ちょっとした待ち時間などにも触れてみてください。くり返し読むことで、きっとまた新しい発見があると思います。

新着記事

  • 2015年6月号

影響力の不思議

 ひとから「影響を受ける」というのは、ある特定の人の生き方を真似ることなのです。私たちはお釈迦さまの教えを学び・実践して、お釈迦さまを真似しようと頑張って、善い人間になっ […]

  • 2015年5月号

押し寄せる八つの波

 この世の中では、常に八つの現象が回転しています。これを波に譬えてみます。荒波・津波に持ち堪えられれば人生は大丈夫でしょう。常に起こっている八種類の波とは、『①得、②損、 […]

  • 2015年4月号

セルフマネジメントの要諦

 生きているなら、幸せになりたいと思うのは当然です。だったら、まずセルフマネジメントが必要です。そのために理解するべき4つのことがあります。  我々が行動・判断する場合は […]

智慧の扉インデックス


2013年8月号

智慧を妨げる心の迷い(疑)

 心に迷いが働いていると、智慧が現れません。智慧の開発には、しっかり迷いなく「私はこれを知っている。これを知らない」と区別判断する能力が不可欠なのです。その能力を欠いた状 […]

2013年9月号

覚りへの意欲を作る

 仏道を完成するためには、自分の気持ちが大切です。覚悟を決めて、解脱への意欲を作らなければいけないのです。俗世間で意欲をつくるのは簡単です。欲望を刺激するだけですから。で […]

2013年10月号

慈悲を携帯しよう

 私たちに何か嫌なこと、腹が立つこと、我慢できないこと、納得いかないことがある時、それらはほとんど、他の生命との関係により起こるのです。たとえ雨に降られても、雪山で遭難し […]

2013年11月号

慈悲を携帯する方法

 心はクセモノです。自分の癖はなかなか変えられません。喋るときも、ご飯を食べるときも、寝るときも、自分だけの癖を持っているのです。それは肉体ではなくて、心に起因するもので […]

2013年12月号

真理の聴き方

 真理への道は、ブッダの教えを「聴く」ことから始まります。経典では、「喜びの気持ち」で仏教を聴けば、解脱にも達すると言われます。しかし、これは自分好みの本を読んで学ぶこと […]

2014年1月号

正しい集中力の育て方

 集中力とは何でしょうか? それは「生きる力」です。誰でも、面白いことをするとき夢中になるでしょう。集中力があると、脳がいきいきと活発に働いて、疲れないのです。とてもよい […]

2014年2月号

すべての宗教はみな同じ「嘘」をつく

「すべての宗教は表面的には異なる教えを説くが、みな同じく真理を語っている。」そんな有難い格言があります。しかし、これは大間違いです。地球の形状について根拠の無い話をしたけ […]

2014年3月号

仏道とは今を生きること

 私たちはいつでも、過去に後悔したり、未来を不安がったりしています。しかし、過去も将来も、決して「実在」しない、私たちの頭の中にあるだけの妄想概念に過ぎません。過去や未来 […]

2014年4月号

慈悲の冥想は『祈り』ですか?

「生きとし生けるものが幸せでありますように」と念じる慈悲の冥想は、初期仏教における「祈り」であると解釈されることがあります。しかしそれは誤解です。慈悲の冥想とは、希望・願 […]

2014年5月号

自己と戦うファイター

 世の中には、様々な「戦い・競争」があります。戦争の場合は人間同士が敵味方に分かれて殺しあいますが、暴力を用いない競争の場合も、ライバルを倒さなければならない。お釈迦様は […]

2014年6月号

ハードルを乗り越えるための力

 修行とは、「こころを清らかにする」ことです。それ以外の修行はありません。お釈迦様は、具体的な実践方法を教え、実際にこころを清らかにすることを推薦しています。修行は、滝行 […]

2014年7月号

冥想とは自己管理の訓練

なぜ、仏教では「冥想」をするのでしょうか?  私たちは、育てられた環境によって、より立派な人間になりたい、という気持ちが生まれてきます。誰にだって、成功したい、負けたくは […]

2014年8月号

才能を発揮する秘訣とは?

 才能というのは、短時間で大量の仕事を正しくこなすことです。それには、ある特別な能力が必要です。特別な能力と言っても、特別な人にしか実現できないものではありません。もしあ […]

2014年9月号

一期一会

「一期一会」とは禅の言葉です。この言葉に対応したパーリ語の言葉はありません。パーリ経典でこれに類する言葉は「sabbaṃ pahāya gantabbaṃ」(サッバン パ […]

2014年10月号

こころの葛藤を発見する

 こころの葛藤とは、簡単に「本音」と「建前」の差であると理解してください。我々は建前で生きているのですが、常に本音と戦わなくてはいけないのです。もしも本音が勝ったらならば […]

2014年11月号

個性と普遍性

 生命はみな「個」です。お互いに似ているところがあったとしても、「同一」「同等」ということにはなりません。すべてが個なのです。あの人と同じ、ということはあり得ません。生命 […]

2014年12月号

思考のメカニズム

 一般的に思考とは、考えることです。思考とは、言葉で考えることだけではありません。概念の回転も思考です。概念には言葉は要りません。言葉がなくても私たちが知っていることはた […]

2015年1月号

慈しみの生き方

 世の中に「生きとし生けるものが幸せでありますように」という、これほど立派で完璧な素晴らしい言葉があるでしょうか? 皆さん考えてみてください。  この“生きとし生けるもの […]

2015年2月号

世界を支配する二つの衝動

 生命は「生きていきたい」という存在欲と、「死にたくない」という恐怖感、この二つの衝動に動かされています。「生きていきたい」「死にたくない」という気持ちが、私たちの生きる […]

2015年3月号

精神的進化の起爆剤

 世界は何で成り立っているのでしょうか? 「慚(ざん)と愧(ぎ)である」とブッダは答えます。この二つが、危険で凶暴な生命が生きている世界を管理しているのです。この二つが無 […]