智慧の扉

凝縮された仏教のエッセンス

「智慧の扉」は、機関誌パティパダーの巻頭に毎号掲載されている、スマナサーラ長老による読み切りのコラムです。見開き2ページの短い文章の中に、お釈迦さまの教えがギュッと詰め込まれています。短い時間で読めますので、ちょっとした待ち時間などにも触れてみてください。くり返し読むことで、きっとまた新しい発見があると思います。

新着記事

  • 2017年4月号

「正見」とは見解がないこと

 意見・知識・見解とは、存在欲を支えるものです。私たちは「この人が言っていることはおかしいぞ」「あの人の意見もおかしいな」「この人の知識レベルは少しマシだ」「あの人の見解 […]

  • 2017年3月号

「わがまま」を修行に活かす

 俗世間でも、ブッダの教えでも、一般的に「わがままは良くない」と戒めています。しかし、誰にでもあるこの「わがまま」という精神を修行に使う裏技があるのです。いつでも自分の幸 […]

  • 2017年2月号

恩を知る生き方

 パーリ語には「恩を知る」という意味で、kataññū (カタンニュー), katavedī (カタヴェーディー)という単語があります。恩を知るとは、他の生命の助けで生き […]

智慧の扉インデックス


2016年12月号

「気づき」で生まれる能力とは?

 現代社会では、仏教のヴィパッサナー実践の一部を「マインドフルネス」として俗世間的に使っています。人間とは面白いもので、仏教ではないならば有難がって飛びつくのです。  お […]

2017年1月号

仏道とは「こころの掃除」です

 マイホーム(my home)という単語があります。日本語で実家という意味とはちょっと違います。実家は親の家ですが、マイホームは、「自分の家」という意味です。みなさんは、 […]

2017年2月号

恩を知る生き方

 パーリ語には「恩を知る」という意味で、kataññū (カタンニュー), katavedī (カタヴェーディー)という単語があります。恩を知るとは、他の生命の助けで生き […]

2017年3月号

「わがまま」を修行に活かす

 俗世間でも、ブッダの教えでも、一般的に「わがままは良くない」と戒めています。しかし、誰にでもあるこの「わがまま」という精神を修行に使う裏技があるのです。いつでも自分の幸 […]

2017年4月号

「正見」とは見解がないこと

 意見・知識・見解とは、存在欲を支えるものです。私たちは「この人が言っていることはおかしいぞ」「あの人の意見もおかしいな」「この人の知識レベルは少しマシだ」「あの人の見解 […]