智慧の扉

2008年6月号

成功者の意外な条件

アルボムッレ・スマナサーラ長老

仕事で集中力が出てこない。いつでも雑念がわーっとわいてきて、集中できない。そういう人は、結局、「自信がない」のですね。

自信がない人はいつでも妄想だらけで、集中どころではありません。実は、自信がないという人に限って、妄想の中で自分のことをあまりにも高く評価しているのです。その自己評価と現実がずれて合わないから、すごく不安になるのです。

私たちには、気楽に生きるというモットーが必要です。たとえ失敗しても、「あ、失敗しちゃった。ダメだった」と認める人は、そんなに自分のことを高く評価していないのです。逆に、「そんなの、いちいち構ってられない。次のことをやらなくちゃ」という態度で、明るいのです。

自分を高く評価する人は、失敗を怖がります。それで手も足もでなくなります。「自己評価」という妄想を捨てない限り、現実とのギャップで、人生はさらに苦しくなるのです。そもそも、成功ばかりの人生など、ありえません。ふつうの人生は失敗が多く、成功はとても少ないのです。どんなことも失敗する可能性は高くて、成功する可能性は低いものです。

明るい人はそれを知ったうえで、「ものは試しだ」と挑戦する。うじうじ悩む前に、さっさと準備して仕事に取り組む。そういう人々が、成功をつかみます。結局、妄想するヒマのない人が、成功者になっているのです。

この記事をシェア