パーリ語日常読誦経典

諸仏の教え(Dhammapada Nos. 183-185)

  • 183.
  • Sabba pāpassa akaraṇaṃ kusalassa upasampadā,
    サッバ パーパッサ アカラナン クサラッサ ウパサンパダー
    すべての悪いことをやめること。善いことに至ること。
    Sacitta pariyodapanaṃ etaṃ Buddhāna sāsanaṃ.
    サチッタ パリヨーダパナン エータン ブッダーナ サーサナン
    自分の心を清らかにすること。これらが諸仏の教えです。
  • 184.
  • Khantī paramaṃ tapo titikkhā,
    カンティー パラマン タポー ティティッカー
    平安な心と忍耐は最高の修行です。
    Nibbānaṃ paramaṃ vadanti Buddhā;
    ニッバーナン パラマン ワダンティ ブッダー
    涅槃こそ最高だと諸々の仏たちは説かれます。
    Na hi pabbajito parūpaghāti,
    ナ ヒ パッバジトー パルーパガーティ
    出家者は決して他人を殺せません。
    Samaṇo hoti paraṃ viheṭhayanto.
    サマノー ホーティ パラン ヴィヘータヤントー
    人に迷惑をかける者は沙門ではない。
  • 185.
  • Anūpavādo anūpaghāto Pātimokkhe ca saṃvaro,
    アヌーパワードー アヌーパガートー パーティモッケー チャ サンワロー
    他人を非難することも害を与えることもない。出家の戒律を守り、
    Mattaññutā ca bhattasmiṃ pantañ ca sayanāsanaṃ,
    マッタンニュター チャ バッタスミン パンタン チャ サヤナーサナン
    食事は適量をとり、人と離れた静かなところに住む。
    Adhicitte ca āyogo etaṃ Buddhāna sāsanaṃ.
    アディチッテー チャ アーヨーゴー エータン ブッダーナ サーサナン
    超越した心を目指してがんばること。これらが諸仏の教えです。

この三句は、仏教のエッセンスをまとめて釈迦尊が説かれたものです。人間の生きるべき道として普遍的なものであるが故に、すべての覚者が真理を語るならば以上の三句の内容を越えることはできません。この句の意味をよく理解し、毎日念じることにより我々の心の怒りや他を害する気持はなくなります。

音声ファイル

諸仏の教え

七仏通誡偈

一覧に戻る