パーリ語日常読誦経典

因縁の教え Paticca Samuppādo

順観 Anulomaṃ

Avijjā paccayā saṅkhārā, saṅkhāra paccayā viññāṇaṃ,
アヴィッジャー パッチャヤー サンカーラー  サンカーラ パッチャヤー ヴィンニャーナン
無明に縁って②が生じる。行に縁って③が生じる。
viññāṇa paccayā nāmarūpaṃ, nāmarūpa paccayā saḷāyatanaṃ,
ヴィンニャーナ パッチャヤー ナーマルーパン  ナーマルーパ パッチャヤー サラーヤタナン
識に縁って④名色が生じる。名色に縁って⑤六処が生じる。
saḷāyatana paccayā phasso, phassa paccayā vedanā,
サラーヤタナ パッチャヤー パッソー  パッサ パッチャヤー ヴェーダナー
六処に縁って⑥が生じる。触に縁って⑦が生じる。
vedanā paccayā taṇhā, taṇhā paccayā upādānaṃ,
ヴェーダナー パッチャヤー タンハー  タンハー パッチャヤー ウパーダーナン
受に縁って⑧渇愛が生じる。渇愛に縁って⑨固執が生じる。
upādāna paccayā bhavo, bhava paccayā jāti,
ウパーダーナ パッチャヤー バヴォー  バワ パッチャヤー ジャーティ
固執に縁って⑩が生じる。有に縁って⑪が生じる。
jāti paccayā jarā maraṇaṃ soka parideva dukkha domanassa upāyāsā sambhavanti.
ジャーティ パッチャヤー ジャラー マラナン ソーカ パリデーワ ドゥッカ ドーマナッサ ウパーヤーサー サンバワンティ
生に縁って老、死 、憂愁、悲泣、苦しみ、悩み、落ち込みが現れる。
Evam etassa kevalassa dukkhakkhandhassa samudayo hoti.
エーワ メータッサ ケーワラッサ ドゥッカッカンダッサ サムダヨー ホーティ
このようにして、このすべての苦蘊の生起がある。

逆観 Paṭilomaṃ

Avijjā yatveva asesa virāga nirodhā saṅkhāra nirodho,
アヴィッジャー ヤットゥヴェーワ アセーサ ヴィラーガ ニローダー サンカーラ ニロードー
無明こそが滅することに縁って行が滅する。
saṅkhāra nirodhā viññāṇa nirodho, viññāṇa nirodhā nāma rūpa nirodho,
サンカーラ ニローダー ヴィンニャーナ ニロードー  ヴィンニャーナ ニローダー ナーマ ルーパ ニロードー
行が滅することに縁って識が滅する。識が滅することに縁って名色が滅する。
nāma rūpa nirodhā saḷāyatana nirodho, saḷāyatana nirodhā phassa nirodho,
ナーマ ルーパ ニローダー サラーヤタナ ニロードー  サラーヤタナ ニローダー パッサ ニロードー
名色が滅することに縁って六処が滅する。六処が滅することに縁って触が滅する。
phassa nirodhā vedanā nirodho, vedanā nirodhā taṇhā nirodho,
パッサ ニローダー ヴェーダナー ニロードー  ヴェーダナー ニローダー タンハー ニロードー
触が滅することに縁って受が滅する。受が滅することに縁って渇愛が滅する。
taṇhā nirodhā upādāna nirodho, upādāna nirodhā bhava nirodho,
タンハー ニローダー ウパーダーナ ニロードー  ウパーダーナ ニローダー バワ ニロードー
渇愛が滅することに縁って固執が滅する。固執が滅することに縁って有が滅する。
bhava nirodhā jāti nirodho,
バワ ニローダー ジャーティ ニロードー
有が滅することに縁って生が滅する。
jāti nirodhā jarā maraṇaṃ soka parideva dukkha domanassa upāyāsā nirujjhanti.
ジャーティ ニローダー ジャラー マラナンソーカ パリデーワ ドゥッカ ドーマナッサ ウパーヤーサー ニルッジャンティ
生が滅することに縁って老、死、憂愁、悲泣、苦しみ、悩み、落ち込みが滅する。
Evam etassa kevalassa dukkhakkhandhassa nirodho hoti .
エーワ メータッサ ケーワラッサ ドゥッカッカンダッサ ニロードー ホーティ
このようにして、このすべての苦蘊の滅がある。

歓喜の言葉 Paṭhama udāna

Aneka jāti saṃsāraṃ sandhāvissaṃ anibbisaṃ
アネーカ ジャーティ サンサーラン サンダーヴィッサン アニッビサン
無数の生涯にわたり、あてどなく輪廻をさまよってきた、
Gahakārakaṃ gavesanto dukkhā jāti punappunaṃ.
ガハカーラカン ガヴェーサントー ドゥッカー ジャーティ プナップナン
家の作者を探し求めて。更に更にと、生まれ変わるのは苦しいことである。
Gahakāraka, diṭṭho'si puna gehaṃ na kāhasi,
ガハカーラカ ディットースィ プナ ゲーハン ナ カーハスィ
家の作者(渇愛)よ、汝の正体は見られたり。汝が家屋を作ることはもはやあるまい。
Sabbā te phāsukā bhaggā gahakūṭaṃ visaṅkhitaṃ
サッバー テー パースカー バッガー ガハクータン ヴィサンキタン
汝の梁(煩悩)はことごとく折れ、家の屋根(無明)は壊れてしまった。
Visaṅkhāra gataṃ cittaṃ taṇhānaṃ khayam ajjhagā ti.
ヴィサンカーラ ガタン チッタン タンハーナン カヤマッジャガー ティ
形成するはたらき(行)から心は離れ、渇愛を滅ぼし尽くした。

音声ファイル

一覧に戻る